2010年10月31日

ペンギンのシーズン?


 寒くなってくると、あちこちでペンギンパレードやペンギンのお散歩イベントが始まります。ペンギンのシーズン到来といったところでしょうか。

パレード.jpg

 海遊館のパレードは館外なので、入館しなくても見ることができます。12月17日からの予定です。

posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

ジッと寝ていててもかわいいヤツです


 普段、いそいそと走り回って愛嬌たっぷりのジェンツーペンギンも、ジッとしていたり寝ていることもあります。それでも見飽きませんね。

昼寝.jpg

 寝姿もかわいいヤツです。
posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

ジーッと見守ります


 動物園の展示動物では、寝ていたりジーッとしていることがよくあります。ペンギンも、大型のコウテイペンギンやオウサマペンギンは、たいていジーッと突っ立っているか寝ているかです。

立つオウサマ.jpg

 見る方もジーッと見守りましょう。
posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

気を取られやすいペンギンさん


 屋外での展示はお客さんとの仕切りがゆるいので、ペンギンたちも気を取られがちです。屋内展示の場合は、ガラスの映り込みで見にくくなるので、展示内が明るく、お客さん側は暗いめにしてあります。なので、屋内展示の場合は、展示室からお客さんの姿があまり気になりません。

屋内展示.jpg

 だからと言って、フラッシュを光らせたりガラスを叩いたりして、ペンギンの気を引こうとするのはいけません。
posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

ペンギンにイタズラしないで下さい


 ペンギンは好奇心が旺盛です。言い方を変えれば、いろんなものが気になるタチなのです。
 そんなペンギンの気質を突いて、各地の水族館や動物園で、鏡の反射でペンギンを翻弄させる悪質なイタズラが行われているというニュースがありました。
 こういうイタズラが続くとぺンギンの展示がされなくなる事態にもなりかねません。

白浜.jpg

 ペンギンが見られなくなりと寂しいですので、イタズラはやめて下さい。


posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

ワルの人気者


 イワトビペンギンは、ちっちゃな体でぴょんぴょんと跳び回る姿はユーモラスですが、どちらかと言えばやんちゃ坊主かおてんば娘というキャラクター。CMで有名になった人気者です。

イワトビ.jpg

 何となくシャモを連想させます。
posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

擬人化するペンギン


 日本では、人気が出たりブームになる動物の条件の一つが「擬人化されやすい」ことかもしれません。その点、ペンギンは格好の素材と言えそうです。
 かわいくてヒトっぽい。企業のキャラクターやマスコットにも引っ張りだこです。

ジェンツー昼寝.jpg

 こんな人、終電車にいそうです。

posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

キッカケは「かわいい」でいいのです


 ペンギンがブームになると、きっと水族館や動物園、花鳥園なんかに足を運ぶ人も増えることでしょう。中には「かわいい」だけでなく、ペンギンのいろいろを調べる人も出てくるかもしれません。ペンギンのことをいろいろ考えてくれる人が出れば本望です。

おうさまダブル.jpg

 それが「展示動物」の大きな役割です。

posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

ペンギンブームの再来?


 昔、サントリー生ビールのコマーシャルにペンギンがキャラクターとして登場しましたが、リニューアルして缶コーヒーに再登場しています。
 当時は結構なブームになったと記憶していますが、またペンギンブームが来るのでしょうか?

 で、あのキャラクターは何ペンギンなのでしょう?

おうさま.jpg

 オウサマペンギンでないのは確かですね。

posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

飼うのはたくさん、見るのはいっぱい


 ペンギンは、飼えるならできるだけたくさんで飼ってもらいたいですが、見る方は色んな種類をいっぱい見たいものです。
 だから各地に分散してしまうのですが、これはペンギンに限らず、展示動物を一堂に集める動物園や水族館なら仕方のないこと。

海遊館のペ.jpg

 オウサマとアデリーとジェンツーが一緒に過ごす空間。これはこれで、夢のようです。



posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

自然の理に、人道の理


 タマゴを2個産むペンギンでも、親だけで2つとも孵して育てるのは難しいといわれています。一方しか孵らなかったり、孵っても片方が弱くて死なせてしまったり、ヒナ同士の生存競争にどちらかかが敗れてしまったり。
 自然界ではそれがごく当たり前なのでしょうが、飼育下のペンギンでは弱い個体を救うのが当たり前です。

まぜらん.jpg

 それは自然に反することではなく、毎日お世話をする延長線上のことなのです。


posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

ペンギン大国でも、まだまだ希少


 ペンギンをオスとメスのペアで飼っていても、必ずしもタマゴを産んでくれるとは限りません。産んでも、コウテイペンギンとオウサマペンギンは1つ、その他のペンギンは2つしか産みません。さらに、それがうまく孵るかどうか。。。。

 日本でペンギンが増えているといっても、ねずみ算的に増えているはけではないので、やっぱりペンギンは希少なのです。

おうさまつがい.jpg

 大事に産んで、大切に育てましょう。

posted by 人鳥類 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。